マツダデザインへの賛否

車のフロントデザインはフロントマスクとも呼ばれ、まさに車にとって顔のようなものです。車のイメージを左右する重要な部分であり、私達が多くの車種から購入する車を選ぶ際の要因にもなります。そのフロントマスクについてマツダ車の評判は賛否両論です。

 

f:id:mx5nd1015:20170518042043j:plain

 

否定的な意見には、どの車種も同じ顔で代わり映えがせず、車種ごとの個性がなく面白くないといったものが目立ちます。確かに車に詳しい人でも遠目から正面を見ただけでは、見分けがつきにくく間違えることもあるでしょう。デミオアクセラCX-3などはサイズも近いので特に分かりにくいですよね。

しかしこれはデザイナーがサボっている訳ではなく、メーカーの戦略であることは言うまでもありません。欧州車はメーカーのアイデンティティを主張するため、フロントマスクに共通のデザインを採用しています。ヨーロッパを非常に重要なマーケットとしているマツダが同様の手法を取るのは理解出来ますが、これは海外戦略のためだけではありません。

 

マツダの国内自動車販売台数のシェアは23万台で全体の5%、ちなみに国内シェア1位のトヨタは153万台で34%ですので、大きな差があるのがわかります。市街地を走っていて100台の車とすれ違ったとしたら、1/3にあたる34台がトヨタ車で、マツダ車はたった5台だけです。普通なら数の少ないマツダ車はあまり印象に残らないでしょう。

しかし、その5台全てが同じようなフロントマスクであれば、より印象に残りやすくマツダ車がたくさん走っているように感じさせることが出来るでしょう。これこそがメーカー側の狙いであり、一目でマツダの車だとわかるように統一感のあるデザインになっているのです。

 

マツダ車のフロントマスクで特徴的なのは、シグネチャーウイングと呼ばれるグリルの形状です。グリルのデザインを統一してアイデンティティを主張する手法は他のメーカーにも見られ、有名なのものにはBMWのキドニーグリルアウディのシングルフレームグリルレクサスのスピンドルグリルなどがあり、メーカーのロゴを見なくても遠くからそのデザインを見ただけで、どこの車か判別することが出来るようになっています。

 

ただ、こうしたマツダのデザインに対する否定的な意見も理解出来ます。統一感を持たせたデザインとは言え、あまりにも似すぎていると思うからです。共通のアイデンティティを持たせながらも、もう少し工夫して車種ごとの個性を演出した方が、オーナーの満足度も高まると思います。高価な車種と低価格な車種が同じデザインでは、所有する喜びが削がれてしまいますよね。

 

元々マツダは高級車ではなく、大衆車とスポーツカーのイメージが強いメーカーです。確かに今のデザインはスポーティであり、現在の車種ラインナップには合っているように思います。しかし今後、よりグレードの高い車種を投入する場合には、もっと高級感を持たせた新たなデザインが求められるのではないでしょうか。アイデンティティを大切にしながらも、新しい挑戦をして欲しいと願います。

 

ワールドプレゼントの目玉景品!

三井住友カードの2017年度ワールドプレゼントの景品カタログが送られてきました。私はいつも商品券に換えてしまうので、どんな景品があるのかあまり気にしていませんでしたが、暇つぶしに見ていると面白い景品が掲載されていました。

 

それがこちら…

f:id:mx5nd1015:20170516213804j:plain

日産GT-Rプレミアムエディションです!

 

クレジットカードのポイント交換でGT-Rが貰えたら嬉しいですよね。しかし、車両本体価格11,705,040円のGT-Rと交換するには2,500,000ポイントが必要になります。

 

それだけのポイントを貯めるには一体いくらカードを使えばいいのか? 三井住友カードでは通常1,000円の利用で1ポイントの加算ですが、前年度の利用額でポイント優遇があり最もランクの高いV3ステージでは1.6ポイント加算されますので、GT-Rと交換するには実に15億6,250万円分ものカード決済が必要となります。ポイントには有効期限がありますが、最も期限が長い三井住友プラチナカードが4年間ですので、毎月3,255万円を48ヶ月間カードで支払ってやっと貯めることが出来ます。もうここまでの富豪になると、カードの与信枠がどうなっているのか想像もつきませんが、事前承認でほぼ無制限の状態なんでしょうね。

 

毎年4億円近くカードを使ってあげるんだから、GT-Rくらい貰っても当然って感じですね。というよりそこまでの富豪なら欲しければ自分で買うでしょうし、そのような身分の方にはもっと相応しい車があるでしょう。

 

はたしてポイント交換でGT-Rを手に入れる人が本当にいるのか? いたとしたらどんな人なのか? ちょっと興味深いですよね。

 

海外ブランドor国内ブランドどっち派?

f:id:mx5nd1015:20170515184621j:plain

 

財布や鞄と言えばフランスやイタリア、イギリスなど海外のハイブランドのイメージが強く、我々日本人も大好きですよね。車にしても国産車はとてもクオリティが高く安全性にも優れ、信頼出来るメーカーとして海外でも高い評価を得ているにも関わらず、日本人が憧れるのはドイツ車やイタリア車などの外国車だったりします。

 

革製品も自動車も海外ブランドは品質ももちろん高いですが、高級さやブランドの価値を大切にしているイメージです。一方国内ブランドはMade in Japanの丁寧なものづくりで、高い品質を最も大切にしています。

 

私も以前は海外ブランドが好きで、車はドイツ車で財布や鞄はイタリア製に限るなどと変なこだわりを持ち、BMWに乗ってGucciやFerragamoのアイテムを愛用していました。確かにBMWは高性能・高品質でボディ剛性もエンジン性能も素晴らしく、走る・曲がる・止まるといった自動車に求める全ての性能が非常に高いレベルで感動したのを覚えています。イタリア製のハイブランドも所有欲を大いに満たしてくれました。

 

ただ国内ブランドではそれらの満足感を得られないかと言えば、そんなことはありません。今ではMade in Japanの高い品質と信頼性の虜になっています。

 

現在はマツダロードスターRFに乗っていますが、その前もCX-5ですので2台続けてマツダ車になります。BMWや世界のトヨタと比べると全然規模の違う広島の小さなメーカーですが、高い技術と明確な戦略を持った良いメーカーだと思っています。性能にも大きな不満を持ったことは無く、安全性や信頼性に関しては非常に満足しています。

 

身の回りのアイテムも国内ブランドを良く使うようになりました。ガンゾフジタカなどの老舗工房はもちろん、ココマイスターのような比較的新しいブランドも素晴らしい技術で仕立てられた革製品を造っています。素材にも各ブランドこだわっており、欧州で製造された最高品質の皮革を使用しています。一級品の素材を使い日本の職人が丁寧に仕立てた国内ブランドの財布や鞄には、ハイブランドとは一味違った満足感や所有する喜びを感じることが出来ます。

 

コメダ珈琲好きですか?

私はコメダ珈琲を良く利用します。ドリンクももちろん頼みますが、ソフトクリームを必ず注文してしまいます。顔見知りの店員さんにはソフトクリームの兄ちゃんと覚えられているかも知れません…

 

f:id:mx5nd1015:20170513035027j:plain

 

店内はゆっくりくつろげるように配慮されており、ついつい長居してしまいます。このブログもコメダ珈琲で書いたりします。外でタブレット(ZenPad3)を使って下書きし、家のMacBookで仕上げて投稿しています。

 

コメダ珈琲Wi-Fiに対応しているので通信環境を確保することが出来ますが、店舗によって対応状況が違うので注意が必要です。ほとんどの店舗で利用出来るのが、3大キャリア(docomoausoftbank)のWi-Fiです。これは各キャリアと契約している人が利用出来る公衆無線LANサービスです。逆に言えば契約していないと無料では利用出来ないので、MVNOを使っている人には辛いところです。そういう私も楽天モバイルなので対象外です。

 

しかし、店舗によってはKomeda_Wi-Fiという名称のフリーWi-Fiが利用出来ます。これはメールアドレスを登録すれば誰でも無料で使うことが出来、MVNOユーザーには嬉しいサービスです。

 

コメダ珈琲のホームページではWi-Fiの対応状況や電子マネーが使用可能かなど、条件を細かく指定して店舗検索が出来るようになっています。皆さんもご自身に合ったサービスが提供されているか調べて、お気に入りの店舗を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

エネオスでの値引き比較

ガソリンスタンドを利用する際に値引や特典を受ける方法が色々とありますが、中でもエネオスには多くの手段があり、それだけに少々ややこしく感じるので整理してみたいと思います。

 

f:id:mx5nd1015:20170512205003j:plain

 

エネオスカード】

まずエネオスカードですがこれには3種類(C・P・S)あり、Cはカード利用金額に応じて1円〜7円/Lキャッシュバック、Pはエネオスの利用で3%、一般加盟店で0.6%ポイントが貯まる、Sは常に2円/L引きになるというものです。これに加えエネオスカードは会員価格で給油出来るので、さらに数円/L値引きされます。

ただCとPは1,250円(税抜)年会費が掛かるので、エネオス利用だけの為に持つのは微妙です。他にメインのクレジットカードがある人にはおすすめ出来ません。Sは年会費無料ですのでエネオス給油専用で持つ価値があります。私の地域ではエネオスカードSで給油すると合計で5円/L引き(特典で2円引き+会員価格で3円引き)になります。各販売店で会員価格の値引き額は異なりますが、かなりお得に給油出来ますね。

 

【Tカード】

次にTカードを利用した場合ですが、エネオスでは200円で1ポイント貯まります。現在レギュラーガソリンの全国平均価格が約130円/Lですので、200円で1ポイントは0.65円/Lの値引きに相当します。これだけではお得とは言えませんが、実はTカードでも会員価格になります。ただ値引き額の設定は各販売店で違いますし、先程のエネオスカードと値引き額に差がある場合もありますが、それでも1円〜2円/L引いてくれます。さらにその上でクレジットカード払いも出来るのでカード会社のポイントも付きます。

これをまとめるとTカード0.65円/L+会員価格2円/L+カード会社ポイント(還元率0.5%の場合)0.65円/Lとなり、合計で3.3円/L安く給油出来ることになります。何度も言いますが会員価格の部分は各販売店で変わるので、ご自身の利用店で確認して下さい。

また、この場合のクレジットカード払いには以下で紹介する提携カードは使えません。提携カードはポイント獲得率がアップする代わりに、Tポイントとの2重取りは出来なくなっています。

 

【提携カード】

各カード会社が発行するクレジットカードには、エネオスでの利用でボーナスポイントが獲得出来るものがあります。楽天カードdカードはポイント2倍、つまり100円で2ポイント貯まるので2.6円/L引き相当JALカードANAカードも100円で2マイル貯まり、マイルを電子マネーやポイントに交換する換算率は1マイル→1円なので、同様に2.6円/L引き相当となります。

ビューカードは1000円で4ポイント獲得、ビューポイントはSuicaに交換で4ポイント→10円の換算率なので1.0%の還元(1.3円/L引き相当)ですのであまりお得ではありません。他にも提携カードはありますが、メジャーなところではこれくらいでしょう。

確かにポイント還元率は高いカードもありますが、ガソリン価格自体は値引きされない(会員価格にならない)のでトータルでの値引き額は低くなってしまいます。ただ、毎日車を使うわけではなく年間の給油量がそんなに多くない人は、提携カードでポイントやマイルを貯めるのも悪くないでしょう。

 

いかがでしたか? 私がエネオスの利用におすすめするのはエネオスカードSTカードとクレジットカードの併用です。ポイントやキャッシュバックに加え会員価格で給油出来るメリットは大きいですね。私はクレジットカードやポイントカード等の情報を調べたり比較したりするのが好きなのでこの手の考察は苦になりませんが、ほとんどの人は単純にどれが得なのか知りたいだけだと思うので、この記事を書いてみました。皆さんの生活に少しでも役立てば幸いです。

ハイオクガソリンのブランド

今回は各メーカー(ガソリン元売会社)のハイオクガソリンについて調べてみました。

 

f:id:mx5nd1015:20170510043459j:plain

 

ガソリンスタンドを選ぶ基準で皆さんが最も意識するのは価格だと思います。あるいは自分が利用しているポイントが貯まるスタンド(TポイントはエネオスPontaはシェル、楽天ポイントは出光)とか、利用している電子マネーに対応しているスタンドを選ぶという人もいらっしゃるでしょう。

 

レギュラーガソリンはどのスタンドでも同一品質で、メーカー毎の違いはありませんので、上記のようなメリットで選択して問題ないかと思いますが、ハイオクガソリンだと各メーカーで品質や特徴に違いが出てきます。配合されている洗浄剤などに違いがあり、他社との差別化を狙い各メーカーが商品開発を行なっています。ハイオクガソリンの使用が推奨されているのはスポーツカー等の高性能車や高級車の場合が多く、オーナーも車の性能にこだわりを持つ人が多いので、ガソリンの品質も気になるのではないでしょうか。

 

車好きの間では、シェルV-powerエネオスヴィーゴの評価が高いようですね。シェルV-powerはフェラーリとの共同開発で生まれたガソリンで、エンジン内部の洗浄能力が大変優れており、汚れを防ぎエンジン本来の性能を発揮させ、車のコンディションを長く維持することが出来るとのこと。エネオスヴィーゴも洗浄性能の高さを売りにしており、カーマニアから高い支持を得ています。

 

出光ではスーパーゼアスというブランドで販売しており、洗浄効果によりレギュラーガソリンと比べ64%汚れを低減し、本来のエンジン性能を発揮させて2.7%燃費が向上するとのことです。他にもコスモはスーパーマグナムエクソンモービルシナジーF-1という商品名でハイオクガソリンを開発・販売しています。

 

使い続けてどの程度の差が出てくるのか興味深いですね。私は普段エネオスヴィーゴか出光スーパーゼアスを使用していますが、以前何度かエッソでシナジーF-1を入れたこともありました。その時に限って燃費が悪く、今はエクソンモービル系のスタンドでは給油しなくなりました。もちろん走行条件が全く同じではないですし、車との相性もあるのでシナジーF-1が劣っていると言っているわけではありません。

 

案外メーカー毎にハイオクガソリンの性能に違いがあることを知らない方も多いようですが、せっかくハイオク車に乗っているのならガソリンにもこだわってみるのも面白いでしょう。皆さんにはお気に入りのメーカーはありますか? コメント頂けると幸いです。

ポイントカードはどれを選ぶ?

複数の提携店舗でポイントを貯めたり使ったり出来る共通ポイントカードってありますよね。様々な業種と提携して各社熾烈なシェア争いをしています。今回は私にとって利用機会が多い、コンビニ・ネット通販・ガソリンスタンドでポイントを貯めたり特典を受けられるポイントカードを見ていこうと思います。

 

f:id:mx5nd1015:20170511011007j:plain

 

世の中には多数のポイントカードがありますが、コンビニ・ネット通販・ガソリンスタンドの全てに対応しているものとなると、Tポイント・Ponta楽天ポイントの3つに絞られます。

 

Tポイントはファミリーマート、スリーエフ、Yahooショッピング、エネオスと提携しています。共通ポイントの先駆け的な存在で、提携先も各業界トップクラスの企業が揃っています。他にも三越伊勢丹などの百貨店や家電量販店のエディオン東急ホテルズドトール、ガスト等々あらゆる業種に数多くの提携企業があり、生活に関わるほとんどをTポイントの提携先で賄えるくらいです。

 

Pontaはローソン、ポンパレモール、昭和シェルと提携しています。一応各業種を揃えていますが、トップシェアとは言い難い提携先ですね。ポンパレモールリクルートが運営する総合通販サイトですが、楽天市場やYahooショッピングと比べるとマイナーですし、昭和シェルのガソリンスタンドも地域によっては店舗数が少ないですね。現状ではちょっと見劣りしてしまいますが、これからに期待といったところでしょうか。

 

楽天ポイントサークルKサンクス楽天市場、出光興産と提携しています。楽天ポイント自体は以前からありましたが、街なかでポイントが貯められるように対応したのは後発でした。ただ凄いスピードで提携企業を増やしており、Tポイントに迫る勢いです。元々楽天ポイントは利用者数が多いので、提携するメリットも非常に大きいのでしょう。

 

こうして見ていくとTポイントと楽天ポイントが本命になりますね。実際、私が現在利用しているのもこの2つです。ただPontaも自分が普段から利用しているお気に入りの店舗が提携先にある場合は、利用を検討してみるのもいいですね。今後ライバルに追いついてくるかも知れません。