ポイントカードはどれを選ぶ?

複数の提携店舗でポイントを貯めたり使ったり出来る共通ポイントカードってありますよね。様々な業種と提携して各社熾烈なシェア争いをしています。今回は私にとって利用機会が多い、コンビニ・ネット通販・ガソリンスタンドでポイントを貯めたり特典を受けられるポイントカードを見ていこうと思います。

 

f:id:mx5nd1015:20170511011007j:plain

 

世の中には多数のポイントカードがありますが、コンビニ・ネット通販・ガソリンスタンドの全てに対応しているものとなると、Tポイント・Ponta楽天ポイントの3つに絞られます。

 

Tポイントはファミリーマート、スリーエフ、Yahooショッピング、エネオスと提携しています。共通ポイントの先駆け的な存在で、提携先も各業界トップクラスの企業が揃っています。他にも三越伊勢丹などの百貨店や家電量販店のエディオン東急ホテルズドトール、ガスト等々あらゆる業種に数多くの提携企業があり、生活に関わるほとんどをTポイントの提携先で賄えるくらいです。

 

Pontaはローソン、ポンパレモール、昭和シェルと提携しています。一応各業種を揃えていますが、トップシェアとは言い難い提携先ですね。ポンパレモールリクルートが運営する総合通販サイトですが、楽天市場やYahooショッピングと比べるとマイナーですし、昭和シェルのガソリンスタンドも地域によっては店舗数が少ないですね。現状ではちょっと見劣りしてしまいますが、これからに期待といったところでしょうか。

 

楽天ポイントサークルKサンクス楽天市場、出光興産と提携しています。楽天ポイント自体は以前からありましたが、街なかでポイントが貯められるように対応したのは後発でした。ただ凄いスピードで提携企業を増やしており、Tポイントに迫る勢いです。元々楽天ポイントは利用者数が多いので、提携するメリットも非常に大きいのでしょう。

 

こうして見ていくとTポイントと楽天ポイントが本命になりますね。実際、私が現在利用しているのもこの2つです。ただPontaも自分が普段から利用しているお気に入りの店舗が提携先にある場合は、利用を検討してみるのもいいですね。今後ライバルに追いついてくるかも知れません。